スポンサーリンク

『森毅ベスト・エッセイ』(ちくま文庫)

『森毅ベスト・エッセイ』森毅、池内紀編(ちくま文庫)

2019年
379頁




目次(収録作品)

第1章 ドジ人間のために(ドジ人間のために/ぼくら、非国民少年 ほか)
第2章 楽しまなくっちゃ損(楽しまなくっちゃ損/機械について ほか)
第3章 ときには孤独の気分で(ときには孤独の気分で/ものを書く場所 ほか)
第4章 未来は誰のものでもない(未来は誰のものでもない/人生の空白 ほか)

人間ってドジねえ―。あたたかなまなざしと抜群の知性を武器として、専門領域の数学にとどまらず、独自の教育論・人生論を展開し老若男女の心をつかんだ京都大学名誉教授の森毅。自由な発想とその論の鋭さから「一刀斎」と称される彼がのこした膨大な数の著作より、長年の盟友・ドイツ文学者の池内紀が珠玉のエッセイを精選した。しなやかでやわらかく、毎日を生きるのがきっと楽になる一冊。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。