スポンサーリンク

『教誨師』堀川惠子(講談社文庫)

『教誨師』堀川惠子(講談社文庫)

2018年
368頁




目次(収録作品)

序章 坂道
第1章 教誨師への道
第2章 ある日の教誨室
第3章 生と死の狭間
第4章 予兆
第5章 娑婆の縁つきて
第6章 倶会一処
終章 四十九日の雪

本書は、『教誨師』堀川惠子(2014・講談社)の文庫版。

半世紀にわたり、死刑囚と対話を重ね、死刑執行に立ち会い続けた教誨師・渡邉普相。「わしが死んでから世に出して下さいの」という約束のもと、初めて語られた死刑の現場とは? 死刑制度が持つ矛盾と苦しみを一身に背負って生きた僧侶の人生を通して、死刑の内実を描いた問題作! 第1回城山三郎賞受賞。

出典:講談社BOOK俱楽部


[関連]
『教誨師』堀川惠子(2014・講談社)単行本
amazon  楽天

教誨師 (講談社文庫)

amazon  Kindle  楽天  楽天kobo


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。