スポンサーリンク

『明治日本写生帖』フェリックス・レガメ(角川ソフィア文庫)

『明治日本写生帖』フェリックス・レガメ、林久美子訳、解説:稲賀繁美(角川ソフィア文庫)

2019年
264頁




目次(収録作品)

明治日本写生帖(LE JAPON EN IMAGES)
 国土と国民
 政治と文明化
 軍隊
 宗教・風俗・慣習
 音楽と踊り
 芝居と相撲
 公教育
 芸術と芸術家
フェリックス・レガメと日本 林久美子
日仏文化交流史の中のギメとレガメ 稲賀繁美

245の図版で見る明治──議会、軍隊、寺社、学校から、相撲、歌舞伎まで

開国直後の日本を2度訪れたレガメ。紙とペン、そして旺盛な好奇心を携えたフランスの画家は、憧れの異郷で目にするすべてを描きとめた。誕生したばかりの帝国議会の様子は? 富裕層と庶民の学校はどう違う? 市川團十郎の歌舞伎の舞台裏とは? 天皇、軍人、僧侶から、名もなき人や子どもまで、明治の人と風景を克明に描く図版245点。ジャポニスムに火を付けた画家の知られざる全貌、日仏交流史における意義に迫る解説を収録。

出典:講談社BOOK俱楽部

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange