スポンサーリンク

『ドナルド・キーン著作集 第3巻 続 百代の過客』(新潮社)

『ドナルド・キーン著作集』(全15巻)(新潮社)

第3巻 2012年・572頁

目次(収録作品)

続 百代の過客 日記にみる日本人 金関寿夫訳
序 近代日本人の日記
 近代の日記を読む
 大事件を体験した普通の人々
 日記のなかのフィクション
 文学者にとっての日記
 人々の肉声を聴く

I 初期米欧派遣団員の記録
 遣米使日記(村垣淡路守)
 奉使米利堅紀行(木村摂津守)
 西航記(福沢諭吉)
 尾蠅欧行漫録(市川渡)
 欧行日記(淵辺徳蔵)
 仏英行(柴田剛中)
 航西日記(渋沢栄一)
 米欧回覧実記(久米邦武)
 航西日乗(成島柳北)

II 中国へ、北へ、南へ
 桟雲峡雨日記(竹添進一郎)
 松浦武四郎北方日誌
 南島探験(笹森儀助)

III のちの文豪たちと密航者
 航西日記(森鴎外)
 独逸日記(森鴎外)
 漱石日記
 新島襄日記

IV 政治家も日記を付けた
 木戸孝允日記
 植木枝盛日記

V 女性の見た日本と世界
 小梅日記
 一葉日記
 峰子日記
 津田梅子日記
 下村とく日記

VI 明治日記文学の傑作
 欺かざるの記(国木田独歩)
 子規日記
 啄木日記

VII 二十世紀に入って
 観想録(有島武郎)
 幸徳秋水日記
 蘆花日記
 木下杢太郎日記
 西遊日誌抄(永井荷風)
 新帰朝者日記(永井荷風)

終わりに
 近代の旅人たちの西欧との出会い
参考書目録
あとがき

解題
人名索引/作品名索引

近代国家へと歩み始めた幕末から明治時代、日本人は何を考え、何を見ていたのか? 今に残る膨大な数の日記から三十余篇を選び出し、「世界」は彼らの目にどう映ったのか、そこから何を学んでいったのかをつぶさに眺める。鴎外、漱石、荷風らの作家、政府派遣団員に密航者、そして何人もの女性と、興味尽きない人々が登場。

出典:新潮社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange