スポンサーリンク

『天皇とアメリカ』吉見俊哉ほか(集英社新書)

『天皇とアメリカ』吉見俊哉、テッサ・モーリス-スズキ(集英社新書)

2010年
256頁




目次(収録作品)

序章 天皇とアメリカの二〇世紀(天皇とアメリカは均等ではない/転換期―そして帝国の終焉? ほか)
第1章 近代(天皇は近代的であり、アメリカは宗教的である/なぜ近代化のなかで、天皇と神道が結びついたか ほか)
第2章 現代(平和天皇の復元/消えたマッカーサー ほか)
第3章 現在(「民主主義のアメリカ」と「帝国のアメリカ」/日本のオバマは沖縄から? ほか)

「天皇は近代であり アメリカは宗教である」
日本と東アジアを支配しつづけた2つのキーワードを多角的に読解
既存の歴史像をひっくり返す!

 日本の近現代史を振り返ったとき、天皇は、伝統、宗教、土着、愛国心などを表象し、アメリカは、近代、合理主義、外来文化などの代名詞であったことがわかる。しかし、両極端であるはずのこれら二つのキーワードー「日本的なものの象徴・天皇」と「帝国・アメリカ」は、複合的に絡み合いながら日本と東アジアの二〇世紀に関与し続けてきた。時に、天皇こそ近代であり、アメリカこそ宗教であるという矛盾の中から、果たしてどのような歴史像が浮かび上がってくるのか? 二つの奇妙な力の場を拠点に、歴史的想像力の可能性を切り開く!

出典:集英社新書公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange