スポンサーリンク

『アマルティア・セン講義 経済学と倫理学』(ちくま学芸文庫)

『アマルティア・セン講義 経済学と倫理学』アマルティア・セン、徳永澄憲・松本保美・青山治城訳(ちくま学芸文庫)

2016年
236頁




目次(収録作品)

第1章 経済行動と道徳感情(二つの起源/成果と弱点/経済的行動と合理性 ほか)
第2章 経済的判断と道徳哲学(効用の個人間比較/パレート最適と経済的効率/効用、パレート最適、厚生主義 ほか)
第3章 自由と結果(豊かな生、行為主体性、自由/多元性と評価/不完全性と過剰な完全性 ほか)

貧困、飢餓、格差、不平等…。いまだに解消の糸口すら見えない社会的難題をどうすれば克服できるのか。これこそ、1998年ノーベル経済学賞を受賞し、人文・社会科学全般に多大な影響を与えたアマルティア・センの経済理論が常に問うてきたものである。「経済学は現実の人間を取り扱う学問のはずだ」と本書で強調するセンは、かつて不可分であった倫理学的な観点を導入することで、経済学をこうした難問に向き合うことのできる、真に現実に根ざした学問へと展開させていこうとする。その根幹にある思想をセン自身がこのうえなく明快に語った、最良の入門。
『経済学の再生―道徳哲学への回帰』文庫版。


[関連]
『経済学の再生―道徳哲学への回帰』アマルティア・セン、徳永澄憲・松本保美・青山治城訳(2002・麗沢大学出版会)
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。