スポンサーリンク

『日本人になりたいヨーロッパ人』片野優(宝島SUGOI文庫)

『日本人になりたいヨーロッパ人―ヨーロッパ27カ国から見た日本人』片野優・須貝典子(宝島SUGOI文庫)

2016年
287頁




目次(収録作品)

ヨーロッパ・イースト(ポーランドー心から「日本人になりたい」と願い、“桜の国”を愛する欧州一の親日国/トルコ―日本人命!といいながら、日本がどこにあるか見当もつかない人々 ほか)
ヨーロッパ・ウエスト(フランス―江戸時代から日本文化を愛し、「OTAKU」が流行語になっている/オランダ―鎖国中もつき合いのあった“唯一”の国。天皇陛下の黙祷が、敵意を友好に ほか)
ヨーロッパ・サウス(ポルトガル―最初に日本の土を踏んだ西欧人、470年にわたる友好関係/スペイン―日本人を最も優れた民族と讃え、日本アニメを楽しむ人々 ほか)
ヨーロッパ・ノース(イギリス―WABI・SABIを称賛し、Genjiを世界文学に高めた国/リトアニア―杉原千畝の“6000人の命のビザ”で、一国まるごと親日国に ほか)

20年以上をヨーロッパで過ごしている著者が、自らの体験を交えながら、ヨーロッパの人々の日本人に対する印象を紹介!音楽や芸術をはじめ、ヨーロッパの伝統や文化に憧れる日本人は多い。けれど実は、ヨーロッパの多くの国の人々は日本人に好意を抱き、逆に憧れすらも抱いていました。生まれ変わったら日本人になりたいと願うポーランド人や、日本を最も極楽に近い国だというイギリス人、日本人を鑑に大統領になったウズベキスタン人、「サムライ精神」をたたえるイタリア人など、全27カ国を紹介していきます。旅行のお供にもおすすめの一冊。

出典:宝島社公式サイト


[関連]
『日本人になりたいヨーロッパ人―ヨーロッパ27カ国から見た日本人』片野優・須貝典子(2014・宝島社)単行本
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange