スポンサーリンク

『「イスラム国」はテロの元凶ではない』川上泰徳(集英社新書)

『「イスラム国」はテロの元凶ではない―グローバル・ジハードという幻想』川上泰徳(集英社新書)

2016年
256頁




目次(収録作品)

第1章 世界に拡散するテロと「イスラム国」の関係
第2章 「イスラム国」とグローバル・ジハード
第3章 「イスラム国」とアルカイダ
第4章 「イスラム国」とアラブの春
第5章 「イスラム国」を支える影の存在
第6章 スンニ派の受難とテロの拡散
第7章 「イスラム国」と中東への脅威

世界の街角を戦場に変えた、「負の連鎖」の正体!
各地のテロを、都合よく「後付け認定」するイスラム国。
彼らの狡猾なイメージ戦略に浮足立ち、逆上する欧米。
 二〇一五年一一月のパリ同時多発テロ以降、世界各地にテロが拡散している。ダッカでは日本人七名も犠牲となった。いまや世界中の街角が「戦場」であり、我々も「標的」の一部である。それらは、中東で凶行を繰り返す「イスラム国」が裏で糸を引く、恐るべきグローバル・ジハード戦略だ……というイメージが流布しているが、果たして真実なのか?
 本書は、長く中東報道に携わる著者が一連のテロを分析し、「イスラム国」の関与の有無を緻密に検証。そして、テロのグローバルな拡散は、中東情勢に誤った対応を取り続ける欧米にこそ責任があると立証する。

出典:集英社新書公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange