スポンサーリンク

『ヘミングウェイ短篇集』(ちくま文庫)

『ヘミングウェイ短篇集』ヘミングウェイ、西崎憲編訳(ちくま文庫)

2010年
285頁




目次(収録作品)

清潔で明るい場所
白い象のような山並み
殺し屋
贈り物のカナリア
あるおかまの母親
敗れざる者
密告
この身を横たえて
この世の光
神よ、男たちを愉快に憩わせたまえ
スイスへの敬意
雨のなかの猫
キリマンジャロの雪
橋のたもとの老人

マッチョなイメージの強いヘミングウェイだが、彼はモダニズムの作家として、繊細でおそろしいほどの切れ味をもつ短篇を生みだした。彼は、女たちをひじょうに優しい手つきで描く。弱く寂しい男たち、冷静で寛大な女たちを登場させて描きだしたのは、「人間のなかで人間であることの孤独」だった。ジョイスが完璧と賞賛した「清潔で明るい場所」をはじめ、14作を新訳・新編集で贈る。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange