スポンサーリンク

『レトリックと詭弁』香西秀信(ちくま文庫)

『レトリックと詭弁―禁断の議論術講座』香西秀信(ちくま文庫)

2010年
224頁




目次(収録作品)

第1章 議論を制する「問いの技術」(赤シャツの冷笑―問いの効果/カンニング学生の開き直り―「問い」の打ち破り方 ほか)
第2章 なぜ「問い」は効果的なのか?(村上春樹の啖呵―相手の答えを封じる問い/臼淵大尉の鉄拳―言質を取るための問い ほか)
第3章 相手を操る弁論術(ナポレオンの恫喝―多問の虚偽と不当予断の問い/丸山眞男の対照法ー選択肢の詐術 ほか)
第4章 「論証」を極める(プラトンの不安―論争における「根拠」/夏目漱石の摩り替え―論点の摩り替えその2 ほか)
第5章 議論を有利にするテクニック(清水幾太郎の喧嘩―“tu quoque”の技術/丘浅次郎の後出し―発言の順番 ほか)

議論で打ち負かされるのは本当に嫌なもの。自らに非がないにもかかわらず、いつの間にか相手の術中に嵌って二者択一を迫られたり、説明責任を負わされたりして、ディレンマに陥って沈黙せざるを得なかった経験が誰にでもあるはず。相手がしかけた罠を見破り撥ね返すにはどうすればよいのか。社会人として、自分の身を守るために必要なテクニックを伝授する。

出典:筑摩書房公式サイト

本書は、『「論理戦」に勝つ技術』の文庫版。

[関連]
『「論理戦」に勝つ技術―ビジネス「護心術」のすすめ』香西秀信(2002・PHP研究所)単行本
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。