スポンサーリンク

『自閉症は津軽弁を話さない』松本敏治(角川ソフィア文庫)

『自閉症は津軽弁を話さない―自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く』松本敏治(角川ソフィア文庫)

2020年
288頁




目次(収録作品)

発端   
第1章 自閉症は津軽弁をしゃべんねっきゃ
第2章 北東北調査
第3章 全国調査
第4章 方言とは
第5章 解釈仮説の検証
第6章 方言の社会的機能説
第7章 ASD幼児の方言使用
第8章 ASDの言語的特徴と原因論
第9章 家族の真似とテレビの真似
第10章 ことばと社会的認知の関係
第11章 かず君の場合
第12章 社会的機能仮説再考
第13章 方言を話すASD
第14章 「行きます」 
第15章 コミュニケーションと意図

「自閉症者は津軽弁を話さない」!? 10年にわたる研究、話題作が文庫化!

「今日の健診でみた自閉症の子も、お母さんバリバリの津軽弁なのに、本人は津軽弁しゃべんないのさ」――津軽地域で乳幼児健診にかかわる妻が語った一言。「じゃあ、ちゃんと調べてやる」。こんなきっかけで始まった「自閉症と方言」研究は10年に及び、関係者を驚かせる結果をもたらすものとなった。方言の社会的機能を「意図」というキーワードで整理するなかで見えてきた、自閉症児のコミュニケーションの特異性に迫る。

出典:KADOKAWA公式サイト


[関連]
『自閉症は津軽弁を話さない―自閉スペクトラム症のことばの謎を読み解く』松本敏治(2017・福村出版)
amazon  楽天

『自閉症は津軽弁を話さない リターンズ』松本敏治(2020・福村出版)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。