スポンサーリンク

『アメリカ大都市の死と生』ジェイン・ジェイコブズ(鹿島出版会)

『アメリカ大都市の死と生』ジェイン・ジェイコブズ、山形浩生訳(鹿島出版会)

新版2010年
488頁




目次(収録作品)

第1部 都市の独特の性質(歩道の使い道ー治安/歩道の使い道ーふれあい/歩道の使い道ー子供たちをとけこませる/近隣公園の使い道/都市近隣の使い道)
第2部 都市の多様性の条件(多様性を生み出すもの/混合一次用途の必要性/小さな街区の必要性/古い建物の必要性/密集の必要性/多様性をめぐる妄言いくつか)
第3部 衰退と再生をもたらす力(多様性の自滅/境界の恐るべき真空地帯/スラム化と脱スラム化/ゆるやかなお金と怒涛のお金)
第4部 ちがった方策(住宅補助/都市の侵食か自動車の削減か/視覚的秩序ーその限界と可能性/プロジェクトを救うには/地区の行政と計画/都市とはどういう種類の問題か)

都市論のバイブル、待望の全訳なる。近代都市計画への強烈な批判、都市の多様性の魅力、都市とは複雑に結びついている有機体である――。1961年、世界を変えた1冊の全貌。

出典:鹿島出版会公式サイト

スポンサーリンク

フォローする