スポンサーリンク

『屍の街 大田洋子 原爆作品集』(小鳥遊書房)

『屍の街 大田洋子 原爆作品集』大田洋子、長谷川啓編(小鳥遊書房)

2020年
469頁




目次(収録作品)

河原
牢獄の詩
屍の街
過去
恋城
どこまで
暴露の時間
ほたる
半人間
残醜点々
ある墜ちた場所

1945 年8 月6日の朝、広島にて被爆した大田洋子は、その直後から、原爆症発病の恐怖と闘いながら被爆者という「当事者性」をもって、被爆後の凄惨な実態をさまざまな作品に書き紡いできた。
原爆投下から75 年経った現在だからこそ読まれるべき作品が新仮名で甦るアンソロジー。
代表作「屍の街」や「半人間」「残醜点々」のほか、これまで単行本未収録の原爆作品も収録。

出典:小鳥遊書房公式サイト


[参考]
『人間襤褸/夕凪の街と人と 大田洋子原爆作品集』(小鳥遊書房)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange