スポンサーリンク

『号外・少年の悲哀 他六篇』国木田独歩(岩波文庫)

『号外・少年の悲哀 他六篇』国木田独歩(岩波文庫)

改版1960年
102頁




目次(収録作品)

窮死
疲労
二老人
少年の悲哀
春の鳥
湯が原より
あの時分
号外

詩人としての独歩と散文家としての独歩とが最も鋭く対比される八つの短篇.ワーズワース的な田園抒情詩ともいうべき『少年の悲哀』『春の鳥』,現実凝視の素描的作品『窮死』『疲労』,そして『号外』『二老人』における諧謔と機知の世界への回避.『湯が原より』『あの時分』における現実と夢との調和. (解説 塩田良平)

出典:岩波書店公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange