スポンサーリンク

『政治的なものの概念』カール・シュミット(岩波文庫)

『政治的なものの概念』カール・シュミット、権左武志訳(岩波文庫)

2022年
289頁




目次(収録作品)

政治的なものの概念(一九三二年版)
1 国家的と政治的/2 政治的なものの基準としての味方と敵の区別/3 敵対関係の現象形態としての戦争/4 政治的統一の形式としての国家、多元主義による疑問視/5 戦争と敵に関する決定/6 世界は政治的統一でなく、政治的多元体である/7 政治理論の人間学的前提/8 倫理と経済の両極による脱政治化/後記

政治的なものの概念(一九三三年版)
序/1 政治的なものの基準としての味方と敵の区別/2 敵対関係の現象形態としての戦争/3 続/4 政治的統一の形式としての国家、多元主義による疑問視/5 戦争と敵に関する決定/6 続/7 世界は政治的統一でなく、政治的多元体である/8 政治理論の人間学的前提/9 倫理と経済の両極による脱政治化/10続

政治的なものの概念(一九六三年版)
序文
補遺二「戦争概念と敵概念の関係」(一九三八年)
注記

政治的なものの本質を「味方と敵の区別」に見出したカール・シュミット(1888-1985)の代表作。1932年版と33年版を全訳し、各版での修正箇所を示すことで、初出論文である27年版からの変化をたどれるように編集。さらに63年版の序文や補遺等も収録した。行き届いた訳文と解説によって、「第三帝国の桂冠法学者」の知的軌跡が浮かび上がる。

本書表紙(カバー)より

[関連]
『政治的なものの概念』カール・シュミット、田中浩・原田武雄訳(1970・未来社)
amazon

『カール・シュミット著作集』(慈学社出版)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Secured By miniOrange