スポンサーリンク

『密教とマンダラ』頼富本宏(講談社学術文庫)

『密教とマンダラ』頼富本宏(講談社学術文庫)

2014年
264頁




目次(収録作品)

1 秘められた万華鏡的世界
2 密教の流伝
3 広がる密教の宇宙
4 マンダラとは何か
5 華麗なるマンダラのほとけたち
6 現代と密教的宇宙
密教史略年表

「NHK市民大学」の同名の講座テキストに加筆修正した入門書。真言宗・天台宗という日本の密教を、世界の仏教史のなかに位置づけ、その歴史、教義の概略、大日如来をはじめとする密教で信仰される数多くのほとけを体系的に紹介。諸経典をふまえて密教諸尊を視覚的に配置したマンダラについて、代表的な胎蔵マンダラと金剛界マンダラを中心に、種類、構造、思想、それぞれのほとけのマンダラにおける役割や、マンダラの多様な展開について、平易に解説する。

出典:講談社BOOK俱楽部

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange