スポンサーリンク

『エロティシズム』ジョルジュ・バタイユ(ちくま学芸文庫)

『エロティシズム』ジョルジュ・バタイユ、酒井健訳(ちくま学芸文庫)

2004年
493頁




目次(収録作品)

第1部 禁止と侵犯(内的体験におけるエロティシズム/死に関係した禁止/生殖に関係した禁止/生殖と死の類縁性/侵犯 ほか)

第2部 エロティシズムに関する諸論文(キンゼイ報告、悪党と労働/サドの至高者/サドと正常な人間/近親婚の謎/神秘主義と肉欲 ほか)

人間存在の根源的な謎を、鋭角で明晰な論理で解き明かす、バタイユ思想の核心。禁忌とは、侵犯とは何か? 待望久しかった新訳決定版。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange