スポンサーリンク

『いわずにおれない』まど・みちお(集英社be文庫)

『いわずにおれない』まど・みちお(集英社be文庫)

2005年
192頁




目次(収録作品)

第1章 ぼくがボクでいられる喜び
第2章 一匹のアリ、一輪のタンポポにも個性がある
第3章 身近にある物たちも、いのちのお母さん
第4章 宇宙の永遠の中、みんな「今ここ」を生きている
第5章 言葉で遊ぶと心が自由になる
第6章 体って不思議。老いだって面白い
第7章 生かされていることに感謝

ぞうさんのおはなはなぜ長いの?
一世紀近くを生きてきた詩人から、こんこんと湧き出る詩。そのほとんどは、ひらがなで書かれた短いものだが、驚くほどの生命力にあふれ、読む人の渇きを潤してくれる。詩人が語った“今のボク”を収録。

出典:集英社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange