スポンサーリンク

『ニーチェ―ツァラトゥストラの謎』村井則夫(中公新書)

『ニーチェ―ツァラトゥストラの謎』村井則夫(中公新書)

2008年
353頁




目次(収録作品)

第1部 ニーチェのスタイル(世界を読み解く技法/舞踏する精神)
第2部 『ツァラトゥストラはこう語った』を読む(思想とパロディー序説/賢者からソフィストへ―第一部/分身たち―第二部/ツァラトゥストラの帰郷―第三部/高等な人間たち―第四部)

ある日「永劫回帰」の思想がニーチェを襲う。この着想をもとに一気呵成に書き上げられた『ツァラトゥストラはこう語った』は、20世紀の文学者・哲学者の多くを惹きつけ、現代思想に大きな影響を与えた。文学の伝統的手法を駆使しつつも、ときにそれを逆手にとり、文体の実験までも行うニーチェ。一見、用意周到な筋立てや人物造形とは無縁と思われるこの物語は何を目指しているのか。稀代の奇書に迫る。

出典:中央公論新社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange