スポンサーリンク

『江戸の教育力』高橋敏(ちくま新書)

『江戸の教育力』高橋敏(ちくま新書)

2007年
206頁




目次(収録作品)

プロローグ 「教育の時代」としての江戸時代
第1章 江戸時代の文字文化(寺子屋の時代/村の寺子屋/町の寺子屋/礼儀作法をしつけた寺子屋/師弟は三世の契り)
第2章 江戸時代の非文字文化ー家と地域の教育(親をしつけるー大原幽学の教育/一人前にするー「若者組」の教育/家を守るー放蕩息子を勘当する)
第3章 江戸の教育ネットワーク(『論語』が常識の時代/『小学』が寺子屋師匠のバックボーン/知のネットワーク)
エピローグ 庶民皆学の行方

江戸の教育といえば、「寺子屋」「読み書き算用」だが、その内実はどのようなものであったのか。寺子屋では子ども一人一人に応じて、社会に出て困らないような、「一人前」になるためのテキスト(手習教本)が用意され、そうした文字教育は非文字の教育(しつけ・礼儀)と不可分のものだった。地域において教育を担ったのは、名望家の文人たちであり、そのネットワークが日本中に張りめぐらされ、教育レベルを下支えしていた。その驚くべき実像を、近世教育史の第一人者が掘り起こす。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。