スポンサーリンク

『御伽草子の精神史』島内景二(ぺりかん社)

『御伽草子の精神史』島内景二(ぺりかん社)

1988年5月15日初版発行
新装版1991年
276頁




目次(収録作品)

第1章 心の領域-御伽草子の本質
 1 はじめに―問題意識
 2『浦島太郎』―喪失と獲得の物語
 3『鉢かづき』―如意宝の両義性
 4 隠された神としての如意宝―御伽草子の教訓の本質
 5 おわりに―古典と現代

第2章『酒呑童子』論序説―自己否定と自己確認
 1 藤原千方
 2 四天王型への道
 3 目と目が出合う時
 4 酒をめぐって

第3章 短篇物語論―凝縮された本格的物語
 1『二十四孝』
 2『さざれいし』
 3『七草草紙』

第4章 御伽草子のめざすもの―反復される如意宝
 1『御曹子島渡り』―女性の援助
 2『一寸法師』―本書の総括も兼ねて

懐かしい記憶のように私たちの心に秘められた〈御伽草子〉。様々な変貌を遂げながらも現代にまで語り継がれた中世物語〈御伽草子〉の成立と遍歴を〈話型分析〉によって明らかにする注目の一冊。

出典:ぺりかん社公式サイト


著者は国文学者。
本書は一言でいうと、御伽草子の作品を「如意宝」という素材に注目して話型分析した論文。(p.273)
「如意宝」とは、筆者の定義によると「一切の願いが自分の意の如くかなうという不思議な宝の意で、宝珠を典型とするが、笛・剣・打出の小槌などありとあらゆる形態を取る。完成された美しい人格の象徴。仏教にこだわらない。」(p.274)というもの。

益する所もありなかなかよいが、書名にある「精神」についてはあまり考察が深くない。単に「如意宝」を指摘することには意味はなく、それに籠められた、またその背後にある精神を考えなければならない(p.86ほか)と著者も戒めているのだが、その点の考察は不十分に感じる。

第2章の酒吞童子の話型分析の論がうまくまとまっていてすぐれる。第1章は、論拠を示さずに断定している所が多く論述がよくない。
文章は分かりやすいが、本書を読むには論じられている物語を知っていないと難しい。『古事記』『竹取物語』『鉢かづき』は読んでおきたい。
なお、引用されている「古文」に現代語訳はないのでそこはハードルが高いかも。(ただ、当該の物語を現代語訳で読んでいれば問題ない)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange