スポンサーリンク

『山びとの記―木の国 果無山脈』宇江敏勝(中公新書)

『山びとの記―木の国 果無山脈』宇江敏勝(中公新書)

増補版1980年
256頁




目次(収録作品)

序章 古窯の跡を訪ねて
第1章 炭焼きと植林
第2章 青春の西ン谷
第3章 果無山脈の主
第4章 十津川峡春秋
第5章 食物記
終章 果無山脈ふたたび
増補 新しい世紀の森へ

祖父から三代にわたる炭焼きをはじめ、熊野の山々を遍歴する山びとの労働と生活。その変貌と陰翳が昭和の紀伊半島に刻まれてきた。奥深い山小屋から生まれた稀有な山の自叙伝。

出典:紀伊国屋書店


[関連]
『山びとの記―木の国 果無山脈』宇江敏勝(増補新版2006・新宿書房)285頁
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange