スポンサーリンク

「薄明」太宰治

甲府の妻の実家に妻子とともに疎開した「私」の日々を描く。
突然断ち切られたようにおわる。題名の「薄明」を描けていない。特によくはない。


『太宰治全集8』(ちくま文庫)[amazon]に所収。

「薄明」太宰治(青空文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange