スポンサーリンク

『ブンヤ暮らし三十六年』永栄潔(新潮文庫)

『ブンヤ暮らし三十六年―回想の朝日新聞』永栄潔(新潮文庫)

2018年
479頁




目次(収録作品)

朝日が抹殺した“微生物蛋白”
カドミウム汚染米データの差し替え
北陸電力から「C」査定!?
郵政省貯金局長の嘘を信じて大誤報
不肖も一枚噛んだ「従軍慰安婦」報道
朝日・読売論説トップの「慰安婦問題」対話
入社式で飛び出した天皇の戦争責任
「死去」か「崩御」か、二度目の天皇論議
生物学者・昭和天皇の真面目
視点に合う人物を探す取材の模倣と違和〔ほか〕

朝日新聞の躓きの謎を解くカギのすべてがここに。取材現場のリアリズム、知られざる記者の胸の裡をユーモアを醸す練達の筆で綴る。メディア論としても出色の快著。

出典:草思社公式サイト


[関連]
『ブンヤ暮らし三十六年―回想の朝日新聞』永栄潔(2015・草思社)単行本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。