スポンサーリンク

『偶像の黄昏 反キリスト者 ニーチェ全集14』(ちくま学芸文庫)

『偶像の黄昏 反キリスト者 ニーチェ全集14』フリードリッヒ・ニーチェ、原佑訳(ちくま学芸文庫)(全15巻+別巻4)

1994年
588頁




目次(収録作品)

偶像の黄昏
反キリスト者
ヴァーグナーの場合
ニーチェ対ヴァーグナー
附録(キリスト教に関する初期遺稿断片/リヒアルト・ヴァーグナーに関する諸相/『ヴァーグナーの場合』のための最初の覚え書/『ヴァーグナーの場合』のための別の準備草稿)

1888年、ニーチェを精神錯乱が襲う直前に、彼はその悲劇を予感するかのように、精力的に著作活動に従事する。ヴァーグナーとその運動への宣戦布告の書『ヴァーグナーの場合』『ニーチェ対ヴァーグナー』。そして、すべての価値の価値転換の書『偶像の黄昏』『反キリスト者』。キリスト教においては、生を強化するものが悪とされ、弱化するものが善とされる。すなわち、それは、強者に対する弱者のルサンチマンの所産にほかならない。ニーチェ最晩年の激烈の思索。

出典:筑摩書房公式サイト


[関連]
『偶像の黄昏』フリードリヒ・ニーチェ(河出文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange