スポンサーリンク

『箱庭療法入門』河合隼雄編(誠信書房)

『箱庭療法入門』河合隼雄編(誠信書房)

1969年
144頁




目次(収録作品)

理論篇
 第1章 技法とその発展過程
 第2章 理論的背景
 第3章 箱庭表現の諸相
事例篇
 事例1 学校恐怖症、小学4年生男子
 事例2 夜尿症、小学3年生男子
 事例3 チック症、小学6年生男子
 事例4 攻撃性の強い幼稚園女児
 事例5 学校恐怖症、中学2年生女子
 事例6 緘黙症、小学3年生女子
 事例7 学習場面不適応、小学5年生男子
 事例8 攻撃的で情緒不安定、幼稚園女児
 事例9 精神分裂病、32歳男子

子どものための心理療法として考案された箱庭療法は、成人にも効果のある治療法として発展し、現在では箱庭療法を用いる臨床家が急激に増加しつつある。本書は技法、理論的背景、箱庭表現の諸相を豊富な図版を挿入し、事例を多数取り上げ懇切に説く。

出典:誠信書房公式サイト

箱庭療法入門

amazon  楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする