スポンサーリンク

『プラトン入門』竹田青嗣(ちくま学芸文庫)

『プラトン入門』竹田青嗣(ちくま学芸文庫)

2015年
326頁




目次(収録作品)

序 反=プラトンと現代
第1章 哲学のはじまり(「普遍性」について/「原理」「概念」「パラドクス」 ほか)
第2章 ソクラテスからプラトンへ(プラトンとその時代/ソクラテスの裁判―「魂への配慮」 ほか)
第3章 イデア(絶対イデア主義について―『パイドン』/「三角形のイデア」と「諸徳の対立」-認識の普遍性とは ほか)
第4章 エロス、美、恋愛(恋(エロス)の「本質」とは?-『饗宴』その1/美の「ほんとう」について―『饗宴』その2 ほか)
第5章 政治と哲学の理想(「イデア説」のパラドクスー『パルメニデス』『ソピステス』/プラトン言語思想の核心ー『テアイテトス』 ほか)

本書は『プラトン入門』竹田青嗣(ちくま新書)をちくま学芸文庫化したもの。

[関連]
『プラトン入門』竹田青嗣(1999・ちくま新書)
amazon  Kindle  楽天kobo

真理を絶対視せずに普遍性を思考することは可能か。プラトン思想の新たな展望を拓く画期的入門書!独自の切り口からプラトン思想の核心とその現代的意義を明快に説く。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする