スポンサーリンク

『子どもはもういない』ニール・ポストマン(新樹社)

『子どもはもういない』ニール・ポストマン、小柴一訳(新樹社)

改訂版2001年
237頁
定価:2000円(税別)




目次(収録作品)

1 つくられた子ども期(子どもがいなかったころ;活字と新しい大人の誕生;揺籃期;子ども期の移り変わり)
2 子ども期の消滅(映像文化と子ども期;秘密のないメディア;大人‐子どもの出現;消滅する子ども;六つの疑問)

子ども期は、歴史の一時期につくり出され、現在消滅しつつある社会的観念である。高度情報化社会がもたらした子どもの大人化、子ども期消滅の原因を解明し、解決の方法を示唆する。95年刊に次ぐ改訂。

アマゾン商品説明より

原題『The disappearance of childhood』

子どもはもういない

amazon  


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。