スポンサーリンク

『紅い花 他四篇』ガルシン(岩波文庫)

『紅い花 他四篇』ガルシン、神西清訳(岩波文庫)

改版2006年
150頁




目次(収録作品)

紅い花/四日間/信号/夢がたり/アッタレーア・プリンケプス

極度に研ぎ澄まされた鋭敏な感受性と正義感の持主であったロシアの作家ガルシン(1855-1888)には、汚濁に満ちた浮き世の生はとうてい堪え得るものではなかった。紅いケシの花を社会悪の権化と思いつめ、苦闘の果てに滅び去る一青年を描いた『紅い花』。他に、『四日間』『信号』『夢がたり』『アッタレーア・プリンケプス』を収録。

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange