スポンサーリンク

『作家の自伝8 平塚らいてう』岩見照代編(日本図書センター)

『作家の自伝8 平塚らいてう』岩見照代編(日本図書センター)

1994年
279頁




目次(収録作品)

わたくしの歩いた道(私の生い立ち・学窓の思い出・『青踏』 創刊のころ・青踏社の解散と新婦人協会・新婦人協会と婦選運動 他)

『三四郎』 の美彌子のモデルに擬せられたらいてうの魅力の謎は、 ついに本書でも解かれていないが、 終生人間存在の意味を問い続けたらいてうの晩年に書かれた自己検証。

出典:日本図書センター公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange