スポンサーリンク

『雨ニモマケズ』ルーシー・バーミンガムほか(えにし書房)

『雨ニモマケズ』ルーシー・バーミンガム、デイヴィッド・マクニール、PARC自主読書会翻訳グループ訳(えにし書房)

2016年
280頁




目次(収録作品)

序章 2011年3月11日
第1章 地震
第2章 津波
第3章 水門を閉めろ
第4章 メルトダウン
第5章 天皇の言葉
第6章 世界に伝える
第7章 フライ人
第8章 助けて、お願い! 
第9章 出発
第10章 東北魂
エピローグ

日本在住の外国人記者二人による迫真のルポルタージュ。東日本大震災を生き延びた6人の証言者(タイ系アメリカ人英語教師、保育園の調理師、漁師、高校生、桜井勝延南相馬市長、原発作業員)への震災直後のインタビューを中心に、客観的視点からバランス良くまとめ、2012年アメリカで出版され話題となる。「民」の驚くべき底力と、政府、東京電力を中心とした「官」と大手マスコミの脆弱、醜悪ぶりが、淡々とした筆致によって鮮やかに浮かび上がる。市民グループ有志の翻訳を元に日本語版として改めて問う。

出典:版元ドットコム

本書は『Strong in the Rain: Surviving Japan’s Earthquake, Tsunami, and Fukushima Nuclear Disaster』の邦訳。

雨ニモマケズ

amazon  楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange