スポンサーリンク

『日本の弓術』オイゲン・ヘリゲル(岩波文庫)

『日本の弓術』オイゲン・ヘリゲル、柴田治三郎訳(岩波文庫)

1982年
121頁



的にあてることを考えるな、ただ弓を引き矢が離れるのを待って射あてるのだ、という阿波師範の言葉に当惑しながら著者(1884-1955)は5年間研鑽を積み、その体験をふまえてドイツに帰国後講演を行なった。ここには西欧の徹底した合理的・論理的な精神がいかに日本の非合理的・直観的な思考に接近し遂に弓術を会得するに至ったかが冷静に分析されている。

本書表紙(カバー)より


[関連]
『新訳 弓と禅―』オイゲン・ヘリゲル、魚住孝至訳(角川ソフィア文庫)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange