スポンサーリンク

『梶井基次郎全集』全1巻(ちくま文庫)

『梶井基次郎全集』全1巻(ちくま文庫)

1986年
551頁




目次(収録作品)

檸檬
城のある町にて
泥濘
路上
椽の花
過古
雪後
ある心の風景
Kの昇天
冬の日
蒼穹
筧の話
器楽的幻覚
冬の蝿
ある崖上の感情
桜の樹の下には
愛撫
闇の絵巻
交尾
のんきな患者
詩二つ
小さき良心
不幸
卑怯者
大蒜
彷徨
裸像を盗む男

カッフェー・ラーヴェン
母親
奎吉
矛盾の様な真実
瀬戸内海の夜
帰宅前後
太郎と街
瀬山の話
夕凪橋の狸
貧しい生活より
犬を売る露店
冬の日
汽車 その他

河岸 一幕
攀じ登る男 一幕
栗鼠は篭にはいっている
闇の書
夕焼雲
奇妙な手品師

琴を持った乞食と舞踏人形


交尾

籔熊亭
温泉

「檸檬」「泥濘」「桜の樹の下には」「交尾」をはじめ、習作・遺稿を全て収録し、梶井文学の全貌を伝える。一巻に収めた初の文庫版全集。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。