スポンサーリンク

『哲学の誤読』入不二基義(ちくま新書)

『哲学の誤読』入不二基義(ちくま新書)

2007年
304頁




目次(収録作品)

第1章 「謎」が立ち上がるー野矢茂樹「他者という謎」(「答え」ではなく「問い」/「問い」というよりも「謎」 ほか)
第2章 “外”へ!-永井均「解釈学・系譜学・考古学」(解釈学/系譜学 ほか)
第3章 未来なんて“ない”-中島義道「幻想としての未来」(テーマ/概観 ほか)
第4章 「過去をいま引き起こす」ことはできるか?-大森荘蔵「『後の祭り』を祈る」(私の読み方の強調点/「酋長の踊り」という話の紹介 ほか)

哲学の文章は「誤読」の可能性に満ちている。すべてを人生や道徳の問題であるかのように曲解する「人生論的誤読」、思想的な知識によってわかった気になる「知識による予断」、「答え」を性急に求めすぎて「謎」を見失ってしまう「誤読」、そして新たな哲学の問いをひらく生産的な「誤読」…。本書は、大学入試(国語)に出題された野矢茂樹・永井均・中島義道・大森荘蔵の文章を精読する試みである。出題者・解説者・入不二自身・執筆者それぞれの「誤読」に焦点をあてながら、哲学の文章の読み方を明快に示す、ユニークな入門書。

出典:筑摩書房公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。