スポンサーリンク

『千曲川のスケッチ』島崎藤村(岩波文庫)

千曲川ちくまがわのスケッチ』島崎藤村(岩波文庫)

改版2002年
236頁



『若菜集』刊行ののち、私塾の教員として信州小諸で6年間を過ごした藤村(1872-1943)は、千曲川にのぞむその地の人々の暮らしや自然を詩情豊かに描いた。作者自身が若い人たちのために選び、明治末から大正初期にかけて発表されたもので、その真摯な人生観や文学探求への情熱のにじみでる、美しい小品集。改版。(解説=井出孫六)

本書表紙(カバー)より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange