スポンサーリンク

『オール・イン―実録・奨励会三段リーグ』天野貴元(宝島社)

『オール・イン―実録・奨励会三段リーグ』天野貴元(宝島社)

2014年
239頁




目次(収録作品)

1章 黄金の駒
2章 はるかなる名人位
3章 死闘―三段リーグ1
4章 盤死―三段リーグ2
5章 宣告
6章 出発

天才少年と呼ばれた小学生時代
地獄の三段リーグ
幻と消えた「名人」の夢
そして「舌がん」の宣告――

「オール・イン」とは、カジノで全額を賭ける大勝負のことを指す。本書は「将棋」に青春のすべてを捧げた著者が、自身の体験と、同じ世界に生きた若者たちの青春群像を描いたノンフィクション。プロ棋士を目指す若者たちが人生をかけた戦いを繰り広げる「奨励会」。羽生善治を輩出した名門・八王子将棋クラブで腕を磨き、小学生名人戦で準優勝した著者は、奨励会でも順当に活躍、16歳でプロ目前の三段に昇段する。だが、地獄の三段リーグで「あと一歩」というチャンスを何度も逃すうち、10年の月日が経過。ついにプロ(四段)になれず、26歳で年齢制限により退会を余儀なくされた。失意のままに逃避生活を送っていた著者に、末期がんの宣告というさらなる「試練」が待ち受ける。受け入れがたい運命を前にしたとき、人間はそれをどのように受容するのか。苦難に満ちた青春を振り返る、元奨励会員の「人生の感想戦」。

出典:宝島社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange