スポンサーリンク

『さらに悩ましい国語辞典』神永曉(角川ソフィア文庫)

『さらに悩ましい国語辞典』神永曉(角川ソフィア文庫)

2020年
448頁




目次(収録作品)

はじめに
凡例
あ~ん
辞書編集者が薦める辞典はこれだ!
参考文献
文庫版あとがき

「了解」「了承」「承知」の違いは? 「辞典」と「辞書」はどう違う? 「猫なで声」って誰の声? 「東日本」と「西日本」の境はどこにある? 読み方や表記・意味など、曖昧なままで使っていることば。その歴史を見据えながら、どのような変遷を経ていまの使われ方になったのかを解明。辞書編集者を悩ませてきた、時代と共に変化することばの不思議に迫る、さらに蘊蓄満載のエッセイ。ロングセラー『悩ましい国語辞典』の待望の姉妹編。

出典:講談社BOOK俱楽部


『悩ましい国語辞典―辞書編集者を惑わす日本語の不思議!』神永曉(2017・時事通信社)単行本
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange