スポンサーリンク

『ストリート・コーナーソサエティ』W・F・ ホワイト(有斐閣)

『ストリート・コーナーソサエティ』W・F・ ホワイト(ウィリアム・フット ホワイト)、奥田道大・有里典三訳(有斐閣)

2000年
394頁




目次(収録作品)

第1部 小物たちーコーナー・ボーイズとカレッジ・ボーイズ
(ドックとその子分たち/チックとイタリア・コミュニティ・クラブ/社会構造と社会移動)
第2章 大物たちーヤクザの顔役たちと政治家たち
(ヤクザの活動の社会構造/コーナーヴィルS&Aクラブにおけるヤクザの顔役/政治と社会構造)
第3部 結び
アペンディクス
(『ストリート・コーナー・ソサエティ』のその後の展開過程/ホワイトが一匹の負け犬に与えた衝撃力/参考文献一覧)

著者の手により1993年に出された,増補改訂第4版の完訳。「参与観察」「人間関係論」「都市社会学」の古典として揺るぎない評価を得ている「本編」はもとより,アペンディクスも調査者と調査対象者の関係性について考えさせ,大いなる示唆に富む。社会学徒の必読文献。

出典:有斐閣公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。