スポンサーリンク

『「集団主義」という錯覚』高野陽太郎(新曜社)

『「集団主義」という錯覚―日本人論の思い違いとその由来』高野陽太郎(新曜社)

2008年
360頁




目次(収録作品)

第1部「日本人=集団主義」説(日本人論/日本人論批判)
第2部 事実の検証(実証的な研究/論争/「集団主義的な文化」再考/エピソード/昔の日本人)
第3部 通説はなぜ成立したのか?(戦時下の集団主義/思考のバイアス/オリエンタリズムとしての「集団主義」)
第4部 「文化」の再検討(「国民性」/文化ステレオタイプ)

日本人は集団主義的,アメリカ人は個人主義的-実証的な国際比較研究によって否定されているこの「通説」が,今も流布しているのはなぜか。数々のエピソードや社会-経済的事実まで検討し,人びとが陥りやすい心理的錯覚のワナに警鐘を鳴らす。

出典:新曜社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange