スポンサーリンク

『日本国憲法 八つの欠陥』百地章(扶桑社新書)

『日本国憲法 八つの欠陥』百地章(扶桑社新書)

2021年
278頁




目次(収録作品)

はじめに 七十年以上放置された憲法の欠陥
第一章 緊急事態条項の欠如で助かる命も救えず
第二章 国と国民を守る「軍隊」の保持を禁じた九条
第三章 「自分の国は自分で守る」を忘れさせた前文
第四章 天皇は「日本の君主・元首」ではない?
第五章 「政教分離」が厳格すぎてお守りまで禁止
第六章 「個人」絶対視の二十四条は「家族」すら壊す
第七章 世界一厳しい憲法改正の手続き
第八章 「政府」だけで「国家」がない憲法

七十年以上放置された憲法の欠陥とは?
・コロナ禍や大規模災害などの緊急事態に対処する規定がない
・中国・北朝鮮の侵略行為に無力な9条
・96条の手続きが非現実的で改正できない…
今を生きる私たちは将来の日本人にどんな憲法を残したいのか?
本来あるべき憲法の姿を考える!

出典:扶桑社公式サイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange