スポンサーリンク

『大元帥 昭和天皇』山田朗(ちくま学芸文庫)

『大元帥 昭和天皇』山田朗(ちくま学芸文庫)

2020年
448頁




目次(収録作品)

第1章 大元帥への道(軍人としての昭和天皇の生い立ち/大元帥としての自覚―摂政時代の転換/大元帥としての天皇の役割)
第2章 大陸への膨張と昭和天皇(代替わり=大元帥・昭和天皇の誕生/満州事変、二・二六事件と天皇/日中全面戦争と大本営の設置/南進・膨張戦略と天皇)
第3章 アジア太平洋戦争における天皇の戦争指導(開戦決定と天皇とのかかわり/天皇による積極作戦の要求/ソロモン・ニューギニアをめぐる激戦/天皇による決戦の要求)
第4章 敗戦と天皇(戦況の悪化を憂慮する天皇/戦況上奏の実態/本土決戦方針と聖断シナリオ)
あとがき―昭和戦争史に果たした天皇の役割とその戦争責任

大日本帝国において、天皇は軍事を統帥する大元帥であった。では、天皇は軍部からどのような情報を得て、それに対してどのような質問や意見を発していたのか。また、国策・戦略・作戦の決定に際して、どれほどの役割を果たしていたのか。史料から浮かび上がってくるのは、大元帥としての自覚と責任感を持ち、主体的に戦争指導を行っていた天皇の姿である。その軍事知識は豊富で、非凡な戦略眼によって統帥部の戦略・作戦の欠陥を鋭く指摘することもあった。昭和天皇の戦争指導の実像を描き、その戦争責任を検証する。

出典:筑摩書房公式サイト


[関連]
『大元帥 昭和天皇』山田朗(1994・新日本出版社)単行本
amazon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange