スポンサーリンク

『再発! それでもわたしは山に登る』田部井淳子(文藝春秋)

『再発! それでもわたしは山に登る』田部井淳子(文春文庫)

2016年
223頁




目次(収録作品)

予兆
転移
ガンマナイフ治療
ソコトラ島最高峰ハジハル山
新たな抗がん剤
抗がん剤治療開始
怖いもの知らずの女たちin長崎
エベレスト四十周年感謝の会
夫と
ガンマナイフ治療終了
オマーン最高峰ジュベル・シャムス南峰
独特の哲学を持つ先生
スマトラ島最高峰クリンチ山
中国
怖いもの知らずの女たちin佐渡
最後の富士登山

淳子のこと 田部井政伸
田部井淳子 海外の主な登山歴

がんに冒されながらも明るく前向きに人生を楽しんだ、世界初の女性エベレスト登頂者・田部井淳子。
山を愛し、夫を愛し、人々との出会いを大切にしたかけがえのない日々。
2016年10月20日、亡くなる5日前の病室で「みなさん本当にありがとう!!ありがとう!!百万遍もありがとう!!」と書き残した。
がんの再発から、ガンマナイフ治療、あらたな抗がん剤の使用、海外登山に、講演会と精力的に過ごし、7月の東北の高校生の富士登山プロジェクトが最後の登山となった。
病室で、打つ手はないとわかりつつも来月、そして来春の予定まで考え続けていた著者の姿勢に心打たれる感動の手記。

山の同志であり人生のパートナーであった夫・田部井政伸の話も収録。

出典:文藝春秋BOOKS

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange