スポンサーリンク

『零戦最後の証言2』神立尚紀(光人社NF文庫)

『零戦最後の証言2―大空に戦ったゼロファイターたちの風貌』神立尚紀(光人社NF文庫)

2011年
446頁




目次(収録作品)

生田乃木次―日本初の敵機撃墜
鈴木實―名戦闘機隊長からレコード業界へ
進藤三郎―零戦初空戦指揮官の生涯
羽切松雄―敵中着陸の勇士「ヒゲの羽切」
原田要―零戦の操縦席から幼児教育へ
角田和男―心優しき零戦特攻隊員の真実
岩井勉―撃墜22機、被弾ゼロの“零戦の神様”
小町定―大戦全期間を戦い抜いた荒武者
渡辺秀夫―“武功抜群”不屈の闘魂
大原亮治―我が人生ラバウルにあり
岩下邦雄―大戦末期、指揮官の苦闘
笠井智一―空戦に明け暮れた十代の日々

日本最初の敵機撃墜を記録した搭乗員から、零戦のデビュー戦、さらに終戦三日後の日本海軍最後の空戦に参加した搭乗員まで、不屈の闘志と矜持を抱いて戦い、傷つきながらも生き抜いた男たちが、初めて自らのことばで語った戦争の記憶。一〇〇〇時間にもおよぶインタビューと、五年にわたる綿密な取材で得た膨大な写真・資料をもとに戦争と人間の真実を伝える著者渾身のノンフィクション。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange