スポンサーリンク

『春宵十話』岡潔(光文社文庫)

『春宵十話』岡潔(光文社文庫)

2006年10月20日初版発行
225頁




目次(収録作品)

春宵十話
宗教について
日本人と直観
日本的情緒
無差別智
私の受けた道義教育
絵画教育について
一番心配なこと
顔と動物性
三河島惨事と教育
義務教育私話
数学を志す人に
数学と芸術
音楽のこと
好きな芸術家
女性を描いた文学者
奈良の良さ
相撲・野球
新春放談
ある想像
中谷宇吉郎さんを思う
吉川英治さんのこと
わが師わが友

解説 有馬朗人

数学者の岡潔の随筆集(エッセー集)。
著者の経歴や回想とともに日本人や教育、数学、芸術等々を語る。含蓄に富む内容で、平易かつ明晰な名文章、60年近く前(元の単行本は1963年刊)に書かれたとは思えない瑞々しさがある。おすすめの名著。

[筆者注]
(p.112)「あのころスポーツ、セックス、シネマの三つのSがいけないと(略)

(こまかい指摘だが)「シネマ」ではなく、「スクリーン」。シネマ(cinema)だと、「S」にならない。

[関連]
『春宵十話』岡潔(改版2014・角川ソフィア文庫)(収録作品は、光文社文庫版と同じ)
amazon  楽天

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange