スポンサーリンク

『父という病』岡田尊司(ポプラ新書)

『父という病』岡田尊司(ポプラ新書)

2015年
351頁




目次(収録作品)

序章 父親は必要なのか
第1章 愛着対象としての父親
第2章 瀕死のエディプス
第3章 自我理想としての父親
第4章 父親不在症候群
第5章 父親を求めて
第6章 放逐される父親 父親は悪者か?
第7章 永遠の父親

[参考]
『母という病』岡田尊司(2014・ポプラ新書)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。