スポンサーリンク

『太平洋戦争 最後の証言』門田隆将(角川文庫)

『太平洋戦争 最後の証言』(全3巻)門田隆将(角川文庫)

『太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編』

2015年
384頁

目次(収録作品)

第1章 運命の真珠湾
第2章 ミッドウエー痛恨の敗北
第3章 ガダルカナルの激闘
第4章 特攻第一号「敷島隊」指名の真実
第5章 重慶爆撃から特攻までの生き証人
第6章 桜花・神雷部隊の猛者たち
第7章 宇佐航空隊“全滅”の悲劇
第8章 二度生還した陸軍特攻隊員の回想
第9章 突入しても助かった白菊特攻隊員の「奇跡」
第10章 生き残った戦士の思い

『太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編』

2015年
448頁

目次(収録作品)

第1章 悲劇の序章「ガダルカナル」の死闘
第2章 血肉をすすったニューギニア戦線
第3章 インパール作戦「白骨街道」の屍
第4章 玉砕の島「サイパン」の赤い花
第5章 レイテ島「八万人」の慟哭
第6章 二十万人戦死「ルソン島」の殺戮現場
第7章 玉砕「硫黄島」奇跡の生還者
第8章 癒えることなき「沖縄戦」の傷痕
第9章 ソ連軍急襲「占守島」の激闘

『太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編』

2015年
432頁

目次(収録作品)

重い口を開いた作戦参謀/極秘建造された巨大戦艦/姿を現わした大和/痛恨のミッドウエー海戦/「鉄の城」と「大和ホテル」/マリアナ沖海戦/レイテ決戦「巨砲」の咆哮/人生最後の帰郷/来る者、去る者/温情の「最後の上陸」/出撃を見送った桜/猛火の中で/奇跡の脱出/鎮魂の海

全国を訪ね歩き、集めた、90歳を越える元戦士たちの「遺言」
終戦時、19歳から33歳だった大正生まれの若者は、「7人に1人」が太平洋戦争で戦死した。九死に一生を得て生還した兵士たちは、あの戦争をどう受け止め、自分の運命をどう捉えていたのか。

出典:KADOKAWA公式サイト


[関連]
『太平洋戦争 最後の証言 第一部 零戦・特攻編』門田隆将(2011・小学館)単行本
『太平洋戦争 最後の証言 第二部 陸軍玉砕編』門田隆将(2011・小学館)単行本
『太平洋戦争 最後の証言 第三部 大和沈没編』門田隆将(2012・小学館)単行本

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。