スポンサーリンク

『絞首台からのレポート』ユリウス・フチーク(岩波文庫)

『絞首台からのレポート』ユリウス・フチーク、栗栖継訳(岩波文庫)

1977年
350頁



ナチス・ドイツの占領下のプラハで、共産党地下中央委員会の1人として捕えられたフチーク(1903-43)は、すさまじい拷問に耐え、避けられない目前の死を正面から見据えつつ、魂をうつ抵抗の記録を書き遺した。自ら名づけたこの『絞首台からのレポート』は、2人のチェコ人看守の決死の助力によって世に残り、80もの言語に訳されて版を重ねている。

本書表紙(カバー)より

巻末に著者の獄中書簡,詳細な訳注と年譜を付す.

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange