スポンサーリンク

『中国 驚愕の性奴隷』鳴霞(青林堂)

『中国 驚愕の性奴隷―人民解放軍こそ、女性を食い物にした最悪の軍隊。』鳴霞(めい・か)(青林堂)

2015年
215頁




目次(収録作品)

第1章 中国の歴史は「慰安婦」と共に
(「慰安婦の歴史」は春秋時代から/ハルビン租界が現代「中国売春」の原点/毛沢東は北京の売春宿を視察していた/兵士のボーナスは「嫁」と「娼婦」/解放軍の上級慰安婦施設「軍警クラブ」/ますます広がる貧富の格差が背景 ほか)

第2章 下放―女性知識人がたどった悲惨な運命
(「慰安婦」にされた女性知識人たち/権力闘争の末の殺戮と弾圧/解放軍の歴史は「強姦」の連続/インテリ女性を慰安婦、男性は強制労働/強姦被害者は「南京大虐殺」の被害者より多い!?/解放軍「性奴隷」に未だ謝罪はない/解放軍は朝鮮戦争でも強姦の嵐 ほか)

第3章 「ポルノ大国」化する中国
(37の都市や地区に広がった大規模ポルノ一掃運動/ポルノ一掃運動はあくまで形式的/ポルノ産業の保護の傘/上海の裁判官男女が集団買春/軍事帝国から「母乳帝国」へ/教師が騙して小中学生を強制売春に/輸出される「売春婦」/中国マフィアが現地の売春組織と結託/人工中絶手術を受ける女性は年間延べ1300万人 ほか)

第4章 中国の女性は、ほんとうに解放されたのか
(色濃く残る男尊女卑/過酷な環境に生きる農村の女性/女は、生きることも死ぬことも許されていない/文革時代に全てが変わった/罪人と妻に人権などない/増える少女の妊娠中絶/病む中国社会はどこに行くのか ほか)

暴かれた「中国文化大革命期性奴隷」に迫る!人民解放軍の「性奴隷」を強制された800万人にのぼる女性たち。その背景にある中国古来の男尊女卑と異常な性文化とは。

出典:版元ドットコム

中国 驚愕の性奴隷

amazon  楽天


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange