スポンサーリンク

『世界は腹黒い―異見自在』高山正之(高木書房)

『世界は腹黒い―異見自在』高山正之(高木書房)

2004年
384頁




目次(収録作品)

海外での危機管理―やくざだって怖がった
英国紳士にみる落差―植民地支配と謝罪要求
官僚腐敗の根源を問う―マッカーサーの“50年殺し”
米大統領セクハラ疑惑―ポーラの出会ったアメリカの夢
普通の子供とナイフ―犯罪は「社会」か「資質」か
湾岸戦争の収支―フセイン大統領も「黒字決算」
イラク攻撃への執念―モニカ嬢は甘いワナなのか
医学的財務官僚論―逆境もバネに増殖、肥大
旧約聖書と五輪―ノアも驚く日本の強さ
華僑的南方拡大―アジアを揺さぶる団結力〔ほか〕

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange