スポンサーリンク

『十牛図』山田無文(禅文化研究所)

『十牛図―禅の悟りにいたる十のプロセス』山田無文(禅文化研究所)

1982年
180頁



『十牛図』は北宋の末ごろの廓庵師遠(かくあんしおん)禅師によって作られた者で、人間が本来もっている仏性を、中国でもっとも身近な動物である牛にたとえ、その仏性を求める修行過程が、牧童が牛を飼い馴らすのになぞらえ、十枚の絵とコメントと詩で表現されています。

アマゾン商品説明より

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
Secured By miniOrange